ホーム > レンジフード 施工例 > 

レンジフード 施工例

ビルトインコンロ+レンジフード取替え 2012.09.06

施工前    施工後 
DSC07171.jpg   施工後.jpg
フッ素トップコンロ+ブーツ型シロッコファン
レンジフードコンロもレンジフードも暗いイメージです。汚れも目立ちませんが、目立たない分、お手入れがお留守になり、汚れが蓄積。ますます取れにくくなります。レンジフードのお手入れは皆さん悩みの種のようですがこまめにやるより方法が有りません。
 

ガラストップシリーズはコンロの安全性、操作性、機能性、美観、すべてにおいて現在のトップレベルです。魚焼のオートグリルも装備。レンジフードも、フィルターレスのお手入れ簡単タイプ。整流板により吸込みアップ、オイルトレー、外せるモーター、ふき取り簡単な本体形状。動作音も静かです。ご満足いただきました。

DSC07182.jpg DSC07172.jpg DSC07181.jpg
コンロの操作盤は写真のようにフラットです。つまみも使わない時は中に収納、汚れがつきにくい、溜まらない構造です。電気製品と同じで、メインスイッチもあり、誤操作もありません。 既存品を取り外した後です。レンジフードの裏側はこの様になっています。ダクトが劣化していましたので取替ました。基本、左右後ろ面共不燃材です。左面は、キッチンパネルやはり不燃材です。 レンジフードを下から見たところです。底面に整流板が有り、整流板と枠の間の隙間から吸い込みます。吸込み口が狭いので吸込みスピードが速くなる、勢いが増すという理屈です。
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://llc-danke.info/mt/mt-tb.cgi/506

コメントする